医療脱毛クリニック|サロン脱毛との違い そのメリットとデメリット

医療脱毛クリニック|サロン脱毛との違い そのメリットとデメリット
脱毛にお悩みの方で最も難しい選択となってくるのがクリニックで行う医療脱毛とエステ脱毛では、どのように違うのかという点ではないでしょうか。

医療脱毛クリニックとエステ脱毛では、ハッキリいうと効果や期間などさまざまな点で違いがありすぎるので、どちらが良いのか分からないという方も多いのが実情です。

ただ医療脱毛クリニックは高いから脱毛サロンで、と安易に考えている人は要注意です。
医療脱毛クリニックでは脱毛サロンでは受けられない様々なメリットが存在しているのです。

そもそも医療脱毛とは一体どういうものなのか

医療脱毛について
そもそも医療脱毛とはどういうものを指しているのかというと、毛を再生させる細胞である毛根細胞をレーザー照射で根本から破壊することで半永久的な脱毛効果を実現するのが医療脱毛と呼ばれているものです。

なぜ医療脱毛という名前が付いているのかというと、このレーザー脱毛は医療行為に当たるため医師の常駐するクリニックでしか受けることができないのです。

法律上において人間の細胞を破壊するという行為は医療行為に認定されているので、安全上医療機関においてしか許可されていないのです。

医療脱毛クリニックでは、医者を常駐させることで医療行為に当たるレーザー脱毛を行うことできるようになっているクリニックと認識すれば分かりやす課と思います。

つまり医療脱毛=レーザー脱毛=医療行為であり、医療機関として認定されたクリニックでしか行えない脱毛であるということなのです。

 

脱毛クリニックと脱毛サロンの違いとは

医療脱毛 サロン脱毛 違い
ではもっと具体的に脱毛クリニックと脱毛サロンの違いについて比較していくと、似ているのは「脱毛」というワードだけであり全く似て非なるものであるということがお分かりいただけると思います。

まず脱毛の有資格者の有無についてですが、こちたは医療機関の認定を受ける必要がある脱毛クリニックでは有資格者が施術に付くのが一般的とされています。

それに比較して脱毛サロンは脱毛の資格を保持していなくても、脱毛行為を行うことが可能となっているのです。これは脱毛サロンではレーザー脱毛を行わないために医療行為ではないので、必ずしも有資格者が施術を行う必要はないということなのです。

そして医師の診察の有無も大きな違いとなっているのです。脱毛クリニックの場合には医療機関として認定されていますから、施術前には肌の状態などを医師が診察した上で施術を行うようになっています。
それに加えて脱毛サロンでは医師が常駐していないため、カウンセラーによるカウンセリングを行って施術するのが一般的とされています。

このように脱毛クリニックと脱毛サロンでは、同じ脱毛を行うに当たって医療行為として行うクリニックと、あくまで美容のために行うサロンでは大きく異なってくるのです。

 

医療脱毛クリニックの脱毛機と特徴

医療脱毛 メディオスターNeXt PRO
機種名
メディオスターNeXt PRO
痛みレベル

特徴
・バルジ領域(毛根細胞に栄養を送る組織)を破壊する為、効果が高い
・波長が短く「日本人の肌」に合っている
・産毛への効果も期待できる
医療脱毛 ライトシェアデュエット
機種名
ライトシェアデュエット
痛みレベル
★★
特徴
・世界中で使用させている
・硬毛化しにくい
医療脱毛 ジェントルMaxプロ
機種名
ジェントルマックスプロ
痛みレベル
★★★
特徴
・色素沈着した部位や濃い毛にも有効
・高パワーで照射が可能
・硬毛化した毛にも有効
医療脱毛 ソプラノアイスプラチナム
機種名
ソプラノチタニウム
ソプラノアイスプラチナム
痛みレベル
★~★★★(調整可能)
特徴
・1回の照射で最大3種類の波長が出せる
・産毛への効果も期待できる

医療脱毛クリニックによって使用している脱毛機違いがある為、脱毛する部位に合った脱毛機を選ぶようにしましょう。

医療脱毛の料金は高いのか安いのか

医療脱毛ならば医師の診察の元に施術を受けられるので心強いのは確かですが、しかしその分気になってくるのが料金面についてではないでしょうか。

ハッキリいうと脱毛クリニックによる医療脱毛は、脱毛サロンよりも料金設定は高くなってくるのが一般的とされています。

医療脱毛 サロン脱毛
料金相場(全身脱毛) 12万~25万(5回) 9万~15万(8回)

脱毛クリニックではレーザー照射という強力な脱毛効果に加えて、医師による診察もあり、万が一肌トラブルが発生すれば薬を処方するなど行為が行われます。

脱毛サロンの場合は肌トラブルなどが発生しても自己責任ですので、薬が処方されることはありません。
ですので医療脱毛の場合には基本料金は高くなってくるのですが、これは医療行為を受けるための安全料だと考えた方がいいでしょう。

医療脱毛に通う期間はどのくらいになってくるのか

医療脱毛 サロン脱毛
脱毛期間(全身脱毛) 数カ月~半年(5回) 1年~1年半(8回)

いざ医療脱毛に通うとなった場合に気になってくるのが施術機関はどのくらいかかってくるのかということです。
人間には毛周期と呼ばれるサイクルがあり、成長期・退行期・休止期というサイクルそのサイクルに合わせて脱毛をします。もちろん回数によって期間は長くなります。

一見、サロン脱毛とあまり変わりがなさそうに見えますが、「少ない回数で効果を得られる」ことを考えると早めに完了できると言えますね。

実際の医療脱毛で得られる効果とは

医療脱毛の効果というのは、濃い体毛に悩んでいても、またどの部位の脱毛についても脱毛効果を期待できる点にあります。
医療脱毛で行われるレーザー脱毛は医療行為に当たる非常に強力な手法であり、しかも毛の細胞自体を破壊するので高い脱毛効果を得ることが可能です。

また体の部位を問うことは無いので、脱毛サロンでは不可能な脱毛も医療脱毛ならば、部位に関係なく脱毛することが可能となってくるのです。

しかも医療脱毛の最も注目すべき効果とは「半永久的」に脱毛効果を実感できる点にあります。
毛の生える細胞自体を破壊してしまうので脱毛効果は半永久的となっており、医療脱毛を一度受ければ面倒な自己処理や濃い体毛とは無縁となってくるのです。

脱毛効果が半永久的に続くということこそ、医療脱毛を受ける最も大きな理由といっても過言ではないのです。