沖縄体験!シュノーケリングでの注意事項

沖縄の海でシュノーケリングをする際に注意すべきことがいくつかあります。海には危険がいっぱい!どんなことに気をつければよいのか? - 小さい子供がいる家庭にこそシュノーケリングがおすすめ

アーカイブ

小さい子供がいる家庭にこそシュノーケリングがおすすめ

家族で沖縄においてマリンスポーツを楽しもうと検討しているときに、ダイビングかシュノーケリングどちらを選ぼうか悩んでしまうこともあるでしょう。そんなときの選択方法として小さい子供がいる家庭はシュノーケリングをおすすめします。

★3歳から参加できるツアーが多い

シュノーケリングは3歳から参加できるツアーが多いのが特徴です。たとえ泳ぐことができないとしても、それほど水深がない域で多様な生物が生息しているスポットで参加することができますので、ほとんど問題にならないことが多いです。また小さい子供や泳げない人がいるツアーには、それなりにガイドも気を配っていますので、安全性においても問題なく参加することができるでしょう。

★ダイビングは10歳から

シュノーケリングは3歳からになりますが、ダイビングは10歳からになります。ライセンスの取得も10歳からになり、体験コースもこの年齢からになりますので、小さい子供がいる家庭になると、必然的にスキューバダイビングには参加できなくなります。またダイビングは潜るためのアイテムも多く、それなりにスキルを習得してからでないと参加できません。海に入るまでハードルが高いのが特徴ですので、どうしても気軽に参加できるとは言えないマリンスポーツと言えるでしょう。家庭向きとは言えない側面を持つことになります。

★磯遊びなどの子供向けツアーがおすすめ

シュノーケリングのツアーにもいろいろありますが、そのなかでも小さな子供向けツアーも用意されています。比較的水深がなく、浅瀬で楽しむことができる磯遊び的なシュノーケリングもありますので、小さな子供でも十分楽しむことができるツアーになるでしょう。

★多彩な家庭向けツアーも用意されている

子供の年齢または体力の有無によってツアーを選ぶこともでき、多彩な家族向けが用意されています。子供の年齢に沿って選ぶことができるようになっています。子供の年齢に合わせてシュノーケリングを楽しんでください。

関連する記事

Copyright(C)2017沖縄体験!シュノーケリングでの注意事項All Rights Reserved.